メタボメ茶の効果

ダイエットだけじゃない?メタボメ茶の成分と効能について

更新日:

ダイエット効果が注目されているメタボメ茶ですが、それ以外にも様々な効能があることを知っていますか?

メタボメ茶の成分は、3種類のお茶と北海道産の黒豆です。

☆原材料一覧

黒豆[大豆](国産)・プーアール茶・ウーロン茶・杜仲茶 (中国)

厳選された4つの原材料で製造されているわけですが、健康・美容に嬉しい成分が豊富なんです。

今回は、メタボメ茶の成分ごとの効能について解説します。

メタボメ茶の成分と効能

北海道産の黒豆

黒豆の皮の色素には、アントシアニンの一種である「シアニジン」というポリフェノールが含まれています。

シアニジンには強い抗酸化力があり、お腹の脂肪を抑制する働きが確認されています。
また、血流を促進する作用もあり、疲れ目や肌荒れ改善効果も報告されています。

プーアール茶

メタボメ茶に含まれるダイエットプーアール茶には、「重合カテキン」と「没食子酸」が豊富に含まれています。

「重合カテキン」と「没食子酸」には、体内に摂取された糖質・脂肪の吸収を抑えて体外に排出する働きがあり、通常のカテキンよりも数倍強いことがわかっています。

ウーロン茶・杜仲茶

ウーロン茶にはポリフェノールが豊富に含まれており、脂肪の分解をサポートする作用や血中コレステロールを低下させる働きがあります。

また、杜仲茶は鉄・亜鉛・カリウム・カルシウム・マグネシウムなど、不足しがちなミネラル分が豊富です。

ミネラルは様々な代謝活動をサポートして、身体を正常に維持するために必須の栄養素です。

メタボメ茶は飲みやすさも魅力!

どんなに成分が豊富でも、風味や香りにクセがあると飲みづらいですよね。毎日の習慣にするのも難しくなってしまいます。

メタボメ茶はダイエットや健康に嬉しい成分が豊富なだけでなく、飲みやすいことも魅力です。

香ばしい黒豆の風味は、美味しくて飲みやすい…と口コミでも高評価。実際に飲んでみましたが、あっさりしたクセのない味なので、毎日美味しく飲めています。

また、カロリーがゼロなので、どんなに飲んでも太る心配はありません。

メタボ体型で悩んでいたり、痩せたいと思っているなら、毎日の生活にメタボメ茶を取り入れてみてはどうでしょうか?

⇒最安値で購入できる「メタボメ茶」の公式サイトはこちら

-メタボメ茶の効果

Copyright© メタボメ茶のトリセツ , 2017 AllRights Reserved.